子を持つ親となりました。それで一生使える実

Posted in: by ベジー 2017年11月7日 | Tags:

子を持つ親となりました。

それで、一生使える実印を作ってあげようと色々見ています。

一生使えるように、丈夫な素材で品質の高いもの。
だけど、そんな印鑑は高いものです。

でも何十年も使うのだから、少しいいものを買ってあげたい。

そしてその実印ができれば、はじめての口座を開設しコツコツとお金を預けて、成人を迎えるときに渡してやりたいのです。

と考えると象牙が浮かびますね実印の場合、苗字と名前が入るので大きいですね。

良いものは、ほんとに値段がしますね。印鑑の実印を手に入れたいと考えている人は新生活が近づいてくる頃に増えてきます。実印の値段というと、実にピンからキリまでです。安くていいなら1000円以下で買うことができるし、高いものは10万円以上というものも存在します。大切な書類等に使うことになるのでそこそこの値段は覚悟して購入している人が一般的です。
ハンコには実印と三文判がありますが、わが家にはなぜか三文判がこんなにあったのかというぐらいにありました。もともと自分で購入したものは夫と私分の二つだったのですが、それ以降いつの間にか増えていったのです。

ある時はおこちゃまの卒業記念でもらったり、またある時はオトモダチから貰ったりしてだんだんと増えていきました。
とはいえそんなにたくさんあっても何に使えばよいのか、といっても印鑑を捨てるというのはなんとなくはばかられます。必要のなくなった印鑑の処分というのは、どうしていよいのかと考える私でした。印鑑の値段というと何を使うかは勿論ですが、つくる方法や制作の時間、実印の大きさや仕入れた方法や発送方法、営業の仕方といった少しのことからも価格の変動が大聴く出てきます。

ずっと使用するものなのであんまり安くても不安だと思いますし、そこそこの価格設定をされている実印を選んだ方がいいですね。店がちがうと印鑑の値段の違いがあるだけでなくセット価格の商品を置いたり、すべて職人さんの手彫りか機械彫りを選べたりと選択が何箇所かありました。

どうしても職人さんの手彫りは機械彫りより値段が高くなるんです。最高級と言われている象牙を使って手彫りにしてもらったら高価な値段になるんです。
個人的に言えば耐久性も高い黒水牛あたりが品質も良くお値段も無難なのではないかと思います。

印鑑の材料は水牛の角や、近頃はチタンなど、欠けにくく強度があるものが多いです。
それから、実印と銀行印を同一材質なんですがサイズと刻む文字を実印は氏名を入れ、銀行印は氏のみ入れて、セットで割安になっているものもあります。実印というのは重要な印鑑だということを意識し、簡単にはんを押さないように、重みを感じるようそれなりの値段の印鑑を誂え、自然と意識するような存在が良いと思います。こういった実印は、デパートの文具売り場でも購入できますし、最近ではインターネット経由でも手軽に購入できる時代です。

インターネットで実印を注文しようとした時に、銀行印も合わせて買うと割安になる商品がありました。使っていた銀行印は間に合わせのこれで良いかという感じで使っていて、頭のどこかでどうかと気にはなっていたので、今がそのタイミングなのだろうと思ってつくることにしました。せっかくオーダーするので、普通に置いてあるようなタテ彫りではなく、ヨコ彫りにしてみました。また、書体も選べるので吉相体にしてみました。やはり、アタリをつけませんでした。
選んだ大きさは、少し大きめの12mmにしました。

実印をみると色々な素材を使用して創られているものが存在していますが、よく高級品と知られているのが象牙で創られたものです。

印影のキレイさ、丈夫さ、重厚感は他と比較にならないほど良いといわれています。

人気が出てきているチタン製は、デザイン性も優れ、ある程度の熱も大丈夫だと言われています。
象牙とチタンの価格は同じぐらいです。
オトモダチから出産し立という朗報を聞き、祝いにと赤ちゃんの名前で記念の印鑑を届けることにしました。

ちょっと違ったものが造れないかな?と考えて見ていると、キュートで欲しくなるような印鑑がとってもありました。

男の人には人気はないかも知れませんが、女の人なら楽しくなるような色使いのものや一般的に売られていたんですね。

絵やイラストを印影に入れた印鑑もあり、その人だけのオリジナル印鑑が注文できる気がします。親戚の就職のお祝いにプレゼントに実印を購入することにしました。

まずはインターネット検索で実印の価格や印鑑の素材の種類を調べてみました。印鑑をつくるときは多くの選択肢があることに驚きました。まず選ぶのは材質で、象牙や耐久性のあるチタンなど、文字には、篆書体・隷書体などありました。印材の違いについて書体について調べて良いと思える実印を購入できました。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>象牙印鑑の値段と相場