今まで使用していた印鑑のふちがかけてしまったの

Posted in: by ベジー 2017年9月4日 | Tags:

今まで使用していた印鑑のふちがかけてしまったので、新しく頼んで購入しました。

かけた印鑑はお金が逃げていくと言われていると聞いたのです。

今度作った印鑑は苗字を入れず名前で造りました。名前に使われている感じが見た感じが気に入っているからです。
銀行印など、変更するのに面倒なこともありましたが、この際に使っていない口座などを解約して、すっきりと整理ができました。忘れるくらい使っていなかったクレジットカードも解約したので、新しい印鑑を作ったおかげで身の回りの整理をするきっかけになりました。

実印の役目は何らかの証明であったり、大きな契約を行うためには重要な品です。なので、長もちする素材を使った実印を購入したいというのは、たくさんの方が思っているでしょう。

長く使用できる印鑑の材料となるひとつは金属のチタンです。チタンは金属で、その安定性は金にもあたいするぐらいで、木でつくられたものと比べてすぐわかるぐらいに安定感があります。印鑑は印材の種類によって値段は変わってきますが、ポピュラーなのはだいたい5千円~1万円の値段が売れ筋のようです。

やはり実印なので、それなりの値段のものを求めるのが一般的と言えるのでしょうネ。
良い実印をハンコのお店に行って注文しようかと考えていた、インターネットの販売値段を見てみると格段に安い値段だったので驚きました。手彫りもあるということで安心だと思い頼むことにしました。店が違うと印鑑の値段の違いがあるだけでなくセットものを取り扱っていたり、全て職人さんの手彫りか機械彫りにするかを選べたりと考えておくべきことがわりとたくさんありました。

どうしても職人さんの手彫りはそれなりに値段が上がります。最高級と知られている象牙に手彫りを施してもらったら値段は高価になります。
私の考えとしてはわりと丈夫な黒水牛が品質も良くお値段も無難なのではないかと思います。
息子の就職祝いにプレゼントに実印を購入することにしました。
インターネットを使って実印の値段についてや種類はどんなのがあるかを調べてみました。

印鑑といっても何箇所か選択するポイントがありました。
始めに材質を選ぶのですが、象牙・チタン・水牛など、印鑑の文字は、よく見る篆書体を始め、さまざまありました。印材の特長について書体を調べて満足のいく実印が買えました。

実印にはたくさんの素材を利用したものがありますが、昔から高級品といわれているのが象牙という印材を使ったものです。

鮮明な印影、長もち度、重厚感は他のものとは比べ物にならないといわれています。

最近評判が高いチタン製は、デザイン性も優れ、ある程度の熱も大丈夫だといわれているのです。価格相場としては、象牙もチタンも同じぐらいです。婚約者を紹介してすぐに母が、下の名前が彫られたはんこをそっと手渡してくれました。

象牙でできたもので、高価なものだったのだろうと思います。銀行印として活躍しているのですが、天国にいった母のことを鮮明に思い出します。子どもが生まれてからは、名前には親の思いが込められた最初のプレゼントだと言うことも実感し、母がくれた印鑑をいとおしく思うようになりました。

娘が大聴くなったら、心をこめて印鑑を贈呈したいと思います。印鑑の素材は水晶や黒水牛の角、出回ってきたチタン合金など、高級感があり耐久性があるものが人気です。
それから、実印と銀行印を同じ材料で印のサイズと彫る文字を実印には氏名を、銀行印には氏を入れ、合わせて割安価格になった商品もあります。

実印は意味のある印鑑である事を心に刻み、押印する事を安易に考えないように、それにみあった値段の印鑑を購入し、大切に扱う習慣をも付ける一助とすべきなのです。実印の購入は、ショッピングセンターの印鑑屋でも購入出来ますし、最近ではインターネットで簡単に注文できるようになりました。
今や印鑑は100円ショップでも買えます。
こったものじゃなくて良いなら、100円の印鑑でも充分なのではと自分は沿う思っています。

沿う思っていても既成品にはない名字のようで、100円ショップで売られていません。そんな問題だけでなく、文房具店にも判子屋さんにも置いてないので、手に入れるには注文するしかないのです。

近年は、通販で印鑑が注文できるので助かります。
チタンでできた実印は値段を調べてみました。
白檀の印鑑と比べると、倍ぐらいになることがわかった。精製の難しいチタンは、レアメタルとして扱われる素材だから、木の素材より値段も高めなのだ沿うです。安定性のある印鑑が良いか値段をみるのか、どちらを選ぶかは好みで違いますね。
あまり高すぎても困るでしょうし、耐久性なども考え、見た目や使い勝手なども考えて購入しましょう。

あわせて読むとおすすめ⇒実印の値段相場を調べてまとめてみた!